ホンモノのお金持ちがしている思考法

投資家脳と労働脳

今の世の中には、お金を稼ぐための「資本」は、2つしかありません。

それは、
労働資本」と
金融資本」です。

「労働資本」は、自分の「労働力」を使ってお金を稼ぐことです。

ビジネスなどは、まさにこの「労働資本」です。

働けば働くほど、稼ぐチャンスはあるけれど、逆に働かなければ、お金は入って来ない!というもの。

つまり、労働資本でお金を得るためには、「自分が一生働き続けなければいけない」ということです。

そして、労働資本でお金を得るために、必要な思考回路を「労働脳」と言います。(=事業脳経営者脳

一方、「金融資本」は、稼いだお金を使って、お金を稼ぐことです。

投資は、本来この「金融資本」でお金を得ることです。

金融資本とは、極端な言い方ををすれば、「自分が動かなくても、寝ててもお金が入る」というものです。

そして、このために必要な思考回路を「投資家脳」と言います。

日本にも「お金持ち」と言われる人はいますが、日本のお金持ちは、ほぼ「ワーキングリッチ」、つまり働いていることで成り立っているお金持ちです。

病気になったりしたら、一瞬で収入が無くなります。

一方、本当のお金持ちは、働かなくてもお金がお金を生んでいる「リアルリッチ」です。

そして、彼らはみな「投資家脳」を持っています。

お金持ちの定義を私はこう考えます。

経済的にも精神的にも豊かで、未来をコントロール出来る力を持っている

(世野いっせいさんの 『お金持ちの「投資家脳」貧乏人の「労働脳」』の「はじめに」からの引用です)

つまり、自分の将来を自分でコントロール出来るという人を本当のお金持ちだと思うのです。

人生100年時代、年金もあてにならない時代、自分の未来をコントロールするという視点で考えると、

若いうちは、労働でガンガン稼ぎ、その稼いだお金で、投資を行い、投資・資産形成の勉強をしながら、投資のスキルアップし、「投資家脳」を高めて、「資産収入>生活費」の状態を出来る限り早く実現する」

これこそが、現代の日本で、人生をコントロールする生き方なのです。

そんな思考を身につけましょう!

ストック収入構築塾のアカデミー会員には、思考と行動を変える学びを提供しています。

そんな意味からもストック収入を構築し、充実した人生を送る本気の学びをしませんか?
http://www.pluscome.com/4skw

投資家脳と労働脳
メルマガ会員募集!

★ストック収入を構築する「マインド」「スキル・ノウハウ」が学べるメールレターを無料で受け取って下さい!