資産運用は豊かな人生のために必要?理想の始めどきについて

資産運用

資産運用は豊かな人生のために必要?理想の始めどきについて

豊かな人生をもたらす投資思考と安定収入の作り方

資産運用

より良い人生を生きるためには最低限のお金は必要ですが、昨今の日本ではなかなか稼ぐことができません。

そのため資産を運用することでより確実に自分が使えるお金を増やすことはとても大切だと言えるでしょう。では、資産運用をするのであれば、いつ始めるのが良いのでしょうか。

資産運用を始める時期

結論からお伝えしますと、資産運用は若い時に始めれば始めるほど良いです。何故なら時間があるということは、資産を運用する上で大きなメリットになるからです。

例えばですが、株式のチャートなどを見てみますと短いスパンでは上がったり下がったりを繰り返しています。それを更に長い10年20年という単位にしても同じことが言えるのです。

一時的に下がることはあったとしても、マクロな視点で見ればずっと値上がりをしていることがわかります。

このように資産を運用するときは長期の運用をすることで、当初は思ってもみなかったほど値上がりするケースは少なくありません。資産運用には他にも様々な方法があるので、自分にあったものを選択することが大切です。

特に若いときはお金に余裕がない人が多いのですが、それでも月に少しずつ運用することで定年を迎える時には大きな資金になっている可能性があります。

貯金よりも資産運用

現代では貯金をすることに意味はさほどありません。クレジットカードなどを利用するために必要な部分はありますが、昔のように金利で増えることはまずないのです。

基本的に銀行の金利は複利ではなく単利となっていますし、現在ではマイナス金利の影響からほぼあってないような金利だからです。

結果、銀行に預けておいても資産が増えることがないので、最低限のものを預金しておけば大丈夫でしょう。その分の資産を運用に回すことで効率よく増やすことが可能です。

豊かな人生をもたらす投資思考と安定収入の作り方

利回りが年に3%程度のものであっても貯金するよりは随分と資産を増やしていくことができます。株式投資など積極的な運用をせずとも時間があれば、国債を満期まで保有するなどで利益を出すのも良いでしょう。

他には不況に強いといわれる純金に投資をするのも1つの方法です。毎月積み立てをしながら行えますので、万が一の時の担保にもなってくれますし、老後の資金としても流用できます。

このように資産運用といってもローリスクのものを長期間保有することで、リターンを大きくできるのです。理想的な資産運用を始める時期ですが若ければ若いほど良いといえます。

20代で社会人になった直後はお金に困ることも多いでしょうが、それでも将来のために資産運用をしておけば、後々になって楽ができるからです。

資産運用
メルマガ会員募集!

★ストック収入を構築する「マインド」「スキル・ノウハウ」が学べるメールレターを無料で受け取って下さい!