大副業時代に複数の継続収入を構築するステップ!

2018年は副業元年!

2018年5月6日の日経新聞に「大副業時代の幕開け 政府・企業が後押し!」という記事が出ました!

国も企業も「副業」推進に舵を切りました!

大副業時代

表向きは「副業」解禁することで、自由な働き方を推奨しているように見えますから、大歓迎ムードになりますよね!

深読みすると、「人口減少により日本経済は縮小していくので、今後右肩上がりに給料が増える可能性は少ないから、副業で稼いでね!」というメッセージです。

命令口調で言うと「企業に頼るのではなく、自分で稼げ!」と言うことです。

私自身は、それこそ大歓迎なのです。企業は、生産性の高い社員でなければ、成り立たない時代に突入しています!

そして、本題ですが、「副業」とは、本業に対しての副業ですが、イメージとしては、サイドビジネス。

つまり、お小遣い程度の副収入ですね。これを構築するのは簡単です。

一番簡単なのは、バイト情報誌で探して、アルバイトをはじめる事ですね。

労働時間は増えると思いますが、これなら誰でも出来ますよね。

副業は自分のペースでやりたい方は、今持っているスキルを活かす方法があります。

これもそんなに難しくはないですが、普通にバイトに行くよりも、少しだけハードルは上がるでしょう!

スキルを他の方に提供するルートを構築すれば可能となります。

こちらは外注サイトである「クラウドワークス」や「ランサーズ」に自分が登録し、出来ることを書いておけば、注文が入る可能性があります。

実績が付いてくれば、レビューなどで評価が入るので、良い評価であれば、受注も簡単になっていきます。

そういう意味では、実績を積むまでは、最初は安くても手抜きをしない事が重要となります。

合わせて、やはり注文してくれそうな友人や知り合いに頼んでおく事。

それなりのスキルがあり、普通の単価より安ければ、受注に繋がることはそんなに難しい事ではないと思います。

また、「ココナラ」のような副業応援サイトなどで、自分が出来そうな仕事に応募するなどもあります。

インターネット物販の教材を買って、もしくはセミナーを受けて、自分で物販をやってみる事が出来ますね。

副業も身体やスキルを使えば、かなりの方法があります。

しかしながら、ここまでの思考と行動では、確実ではありますが、大きな収入は生み出せません

ここからが複数の収入、つまりストック収入を構築するために必要な思考と行動です。

これを構築するには、簡単に言うと自分はリスクを取り意思決定することが仕事で、他は「」か「お金」に働いてもらう。この思考があるかどうかが鍵です。

つまり、労働収入か価値収入かです。

あなたが働かなくても、お客様が価値だと感じてくれたら、お金を払ってくれる仕組みを作るです。

「副業」から「複業」、「サイドビジネス」から「マルチビジネス」に頭を切り替える必要があります。

例えば、不動産ですが、貴方がマンションを賃貸したとします。

お客様から見ると、そのマンションに住む事自体に価値がありますので、貴方であろうと誰であろうと、家賃を支払ってくれます。

つまり、有利な物件を見つけて、お金と頭脳を働かせて、賃貸できる不動産に投資し、自分の所有にする事で仕入は完了。次に借主を探すことで労働は完了。

そこから先は、解約までは賃貸収入が入り続けます。

不動産投資

これが1つ出来たら、時間が出来ますので、次の収入構築に取り組みます終わりは自分の必要とする金額の収入+αが出来た時点です。

不動産の場合は、最初の元手が大きい可能性がありますが、上手に運用すれば借入でこれらを構築することも可能です。

また、不動産でなくても、太陽光投資やビジネス投資、サイトアフィリエイト、印税など、様々な価値収入を得る方法はあります。

こちらのゾーンに入らなければ、労働収入のままでは、複数の継続収入を構築するのは難しいでしょう!

ストック収入構築塾では、それらの思考を学び、実践していきます。
私が実践しているものを報告しますので、それらを自己判断していただきながら、複数の継続収入構築を目指していただきます

これらの複数の収入源を構築し、時間を作り出し、貴方の時間を自由にコントロールできる状態を作り出していただきたいのです。

そんな意味からもアカデミー会員に入会し、ストック収入を構築し、充実した人生を送る本気の学びをしませんか?

2018年は副業元年!
メルマガ会員募集!

★ストック収入を構築する「マインド」「スキル・ノウハウ」が学べるメールレターを無料で受け取って下さい!