【働かないで生きていく】最強の早期リタイア術〜遊んで暮らして金もある〜(FIRE)

FIRE中田敦彦

近年、欧米の20〜30代の間で「FIRE(ファイア)」と呼ばれる早期リタイアがムーブメントになっています。若い年齢でのリタイアと聞くと多額の貯蓄が必要なイメージがありますが、FIREは誰でもめざすことが可能な概念として注目されています。

FIREとは

FIREとは「Financial Independence(経済的自立), Retire Early(早期退職)」の頭文字で、端的にいえば「早期退職して、お金のためにヘトヘトになるまで働く縛りから自分を解放する」というライフプランや概念を指します。

これまでのリタイヤのイメージは、「仕事を引退して、老後を暮らす」と言う事を表していましたが、「FIRE」の概念は、仕事をしないと言うより、やりたい事をやるためにお金を稼ぐ労働からの開放を意味します。

つまり、仕事からの引退ではなく、夢を実現するためのお金と時間の自由を得ると言う概念です。

そのお金と時間を使って、志を実現するための仕事をする人もいるでしょうし、旅をして過ごす人もいるでしょうし、絵を書いたり、釣りをしたりの趣味を欧化するような生活を目指す人もいるでしょうし、それは死ぬまでの生活に必要なお金を得る事で可能となります。

私が考えるに、「FIRE」出来たとしても、ただ単に遊んで暮らすより、人は承認欲求が満たされる事も大切な事ですから、やはり社会貢献をする事は、自分が死んだ後も多くの人の心の中に生き続けるという事が人生を豊かにする事に繋がると思いますね!

人の心に残る偉業は、一朝一夕では難しい、積み重ねが本当に重要ですから、それを会社を引退してからやるのでは、気力や体力も衰えてますし、無理も効かないので、やはり若いうちからコツコツと出来る状況を作り出す事ができれば、有意義な人生を送れるのではないかと思います。

「FIRE」の目的は、決して、お金そのものは目的ではありません。お金はあくまでも手段です。自由な時間を得る事が1番の目的です。

それならば、それを目指したいと言う人は多いのではないでしょうか?

「FIRE」を実現した人々が書いた著書がいくつかありますので、ご紹介します。

■立て続けに増刷決定!反響続々!!
■0.1秒でも早く「働かない人生」を実現したいあなたへ。
■全米で話題沸騰! フォロワー大続出! 30代で経済的自立を達成するための全技術!
■株価の暴落にも対応できる「鉄壁メソッド」!
■ニューヨーク・タイムズ、CNBC、ハフポスト、CBCなどで取り上げられたFIRE第一人者の日本版、ついに発売!

【本書のノウハウの一部】
●「持ち家or賃貸」に決着をつける計算式がある
●旅行をしたほうがお金が貯まるのはなぜ?
●タネ銭を減らさないための「4%ルール」
●何かあった時のための鉄壁バックアップ術
●「早期リタイア」と「子育て」は両立できる
●POTスコアで早期リタイアのためのキャリアを選ぶ

全米で話題! 若手エリートがこぞって取り入れているライフスタイル、早期リタイアして自由に暮らす生き方「FIRE」。ニューヨーク・タイムズ、CNBC、ハフポスト、CBC、ビジネス・インサイダーなどで話題のFIREムーブメントの第一人者が早期リタイアについて知りたいことを全網羅。

FIRE【ファイア】とは、Financial Independence(経済的自立)と
Retire Early(早期リタイア)の頭字語。
雇われ仕事をすることなく不労所得だけで毎年の生活費を賄えるよう
貯蓄と節約に励み、できるだけ早くリタイアしようとする考え方で、
欧米を中心にミレニアル世代に広がっている。

著者グラント・サバティエは、貯金わずか2.26ドルの状態から、たった5年で純資産125万ドルを超え、30歳で経済的自立に到達。
それまでの過程を通して彼が気づいたのは、お金や仕事、リタイアに関する従来の考え方のほとんどが
間違っている、不完全、もしくは時代遅れだったということだ。

本書は決して単なるアドバイスリストではない。
できるだけ早く思い通りの人生を送るための、成功が約束されているロードマップだ。

人気ブログ「三菱サラリーマンが株式投資でセミリタイア目指してみた」の著者が、
実践した資産形成の手法と背景にある投資哲学を徹底的に解説しつつ、
再現性が高く真似しやすい手法と投資戦略をまとめた完全書き下ろしです。

入社当日に「30歳でアーリーリタイアする」ことを決意し、
「支出の最適化」と「収入の約8割を投資に回す」というマイルールを徹底することで、
配当金収入は月平均20万円超え、金融資産は7,000万円に到達、
宣言通り、本当に30歳でセミリタイアという偉業を成し遂げました。

今やブログ訪問者は日に1万人以上、テレビや雑誌、新聞にも取り上げられる彼は、
なぜセミリタイアを志すに至ったのか? 高配当株・増配株への集中投資を選んだ理由とは。
そして世界的に流行する「FIRE(Financial Independence and Retire Early )」を、
日本で実践するには、まず何から始めたらよいのか。
緻密な計算と豊富な資料を使い、論理的説明でわかりやすく解説します。

会社からの給料や、国の年金だけに、自分の人生や経済的な生涯設計をゆだねる生き方と決別し、
「経済的に自立し、自分の人生は自分で切り開く」という生き方を選びませんか!?
この本とともに、普通のサラリーマンでも努力次第できる、投資の世界へ足を踏み入れましょう。

具体的なやり方

ここまでは、「FIREとは何か?」「FIREの考え方」についてのことですが、ここ以降は、「具体的にどうするの?」と言うことについてです。

ビジネス有名YouTuber「FIRE」動画

「FIRE」が無理でも「サイドFIRE」という選択肢を両学長が提案

FIRE中田敦彦
投資の達人講座

(タラレバですが)上場直後にもし株を100万円分買っていたら現在いくらになっていたか?

・Facebook 600万円
・Salesforce 6200万円
・eBay 1.3億円
・Starbucks 2.2億円
・Netflix 3.8億円
・Nike 4.8億円
・Apple 5.5億円
・Cisco 6億円
・Amazon 13億円
・Adobe 17億円
・Microsoft 20億円

私のバングラデシュ不動産投資のお世話をしていただいたオーナー会社が開催している「投資の達人になる投資講座」を通常1,000円のところ、現在は無料でご案内しています。

動画受講の特典もあるようです。また、こちらの講座は、上記のような株を見つける方法に重きを置いてます。本当に勉強になる内容ですので、是非受講してみて下さい!

メルマガ会員募集!

★ストック収入を構築する「マインド」「スキル・ノウハウ」が学べるメールレターを無料で受け取って下さい!